最新式の風速計の機能を説明します

風量や風速を知りたい時に使用するのが風速計です。山登りやスポーツをする時に使ったりドローン・ラジコンを飛ばす際に使うなど、様々な理由で購入される方が増えています。もちろん、空調設備など色々な工事現場などで活用されており、ポケットサイズの簡易的なものも含め様々な商品があります。風速計には測定方法によって幾つかの種類に分かれていて、主なものとしてプロペラ式、熱線式や防水カップ式があります。基本的には風速が表示される本体を、風速を図りたい場所に持って行くのですが、計測する機器と計測値が表示されるモニタがワイヤレスになっており、より高所や閉所の測定がしやすいタイプもあります。また、測定値がSDカードに保存されパソコンでのデータ管理が容易に行えるようなタイプもありますので用途に合わせて必要な機能を選択しましょう。

風速計の用途によりタイプを選ぶ

そのように色々なタイプがある風速計ですが、計測の方法により特徴があります。例えばプロペラ式では風の力で羽根を回転させて物理的に回転数から風速を計測する為気体の温度など他の環境の影響を受けにくいことや保守がしやすいというメリットがりますが、回転させる力がないほどの弱い風ですと計測出来ないというデメリットがあります。次に熱線式ですが、こちらは温度の変化から風により冷却された時間を計算して風速を計測する方式です。微風も計測できる優れた方式なのですが、周りの温度が変化するような場所では正確に計測できないことや精密機器の為扱いに注意しなければいけないというデメリットがあります。ただし、大きさや形状が使いやすいタイプであることや製造コストも高くないことから、現在熱線式が主流となっています。

風速以外も計測できる風速計が便利

他にも、風速以外の計測も可能な便利アイテムとして利用できる機器が登場しています。アウトドアなどで持ち運んで利用できるようにコンパクトな大きさで、主にタイプはプロペラ式が用いられます。風速の他に温度、湿度や風向きや気圧など様々な計測ができる機種もあり、登山などで利用する方が多くおられます。気軽に利用できる機種としては風速と温度のみ計測ができるお手頃な価格のものが人気あります。そして、近年普及しているのがスマートフォンに取り付けて使う風速計です。対応したアプリで風速と風向きが表示される他に、スマートフォンのGPSを利用して位置情報と結び付けて記録が可能です。このタイプは、専用の機器より精度は低いのですが個人で利用するのには問題ない性能を持っています。このように、様々な種類がある風速計ですので用途によって最適なものを選ぶことが出来ます。