風速計を新しくすることのメリットとデメリットを説明します

風向風速計には風車型、超音波型、風杯型といった3つのタイプがありますが、最も一般的なのは気象庁などでも使用されている風車型のものです。これには風車のような4枚のプロペラと垂直尾翼があり、風が吹くとプロペラが回転するので、その回転数で風速を測定します。風車型で風速を測る際には、風の圧力から風速を求めています。他の風速計も方法は異なっても風の圧力から風速を測っていると考えられます。しかし、風車型は長年使われてきたわけではなく、過去には円錐型または半球型が3つまたは4つついた風杯型が主として用いられてきました。回転軸の周囲に円錐型または半球型の風杯が取り付けられており、風が吹くと風杯が回るので、その回転数で風速を測っていました。しかし、風杯型風速計は風向きの測定ができないため、風向きの測定には風向計が必要でした。

風向風速計にはどんなメリットがあるか

風向風速計にはさまざまな種類があります。そのため、どんな目的で風向風速計を使いたいのかによって、選ぶべきものが変わってきます。具体的には、目的や精度、環境といった観点からの選び方があります。それぞれにふさわしいものがあるので、それを使うことでより正確なデータを手に入れることが可能です。風向風速計は風の強さや向きの測定が可能ですので、自然災害への対策にも有効活用ができます。最近は異常気象が頻繁に起こるため、これまではあまりなかったような自然災害が人を襲うことも増えています。竜巻や台風などの測定ができることは必要不可欠です。異常気象が起こった時のデータを大量に集めておけば、近い将来にどんな兆候があれば異常気象が起こるのかをつかむことができ、それに対しての対策が取りやすくなります。

風向風速計にはどんなデメリットがあるか

風向風速計には色々な種類があるために、目的に沿ったものを利用しなければ必要なデータが手に入りにくいという一面もあります。風向風速計は飛行場や登山口などにも設置されており、一歩間違えば命の危険が及ぶところでも使用されているため、どんな環境下で使われるのかを理解して、判断能力や知識を持ち合わせた人が測定しなければならず、風向風速計を選択する際に大きな責任を伴います。選択肢が多い中から最適なものを選びだすのは簡単ではないため、素人にはできないことであるとも言えます。また、豪雨や霧といった悪天候の影響を受けやすいため、あまりにも天候が悪いと正しいデータがきちんと出せないという一面もあります。超音波計は悪天候の影響を受けませんが、風向と風速の値を確定するためには電算機処理が必要です。